二重のぱっちり目元をゲットしよう!魅惑のEYEにミラクルチェンジ

切る方法で整形しよう

相談

目頭だけを切開する

あらゆる二重整形の中でも、確実にはっきりとした目元が手に入れられるのはメスを入れる切開方法と言われています。切開方法の場合、元々目元が二重の人からも人気となっている方法です。目頭や目尻などを切開を用いて細かく調整することができるので、理想とする形を手に入れることができるのでしょう。切る方法の中でも離れ目の人に人気となっているのが目頭切開法と呼ばれる二重整形施術です。目が離れているのと近いのでは同じ大きさの目でも顔全体の印象が大きく異なります。日本人の場合、欧米人種に比べると目が離れている人も多い為目頭切開法も人気があります。目頭切開法の場合、名前の通り目頭を切り開きますが、その時に傷跡が残らないように治療してくれるので、自然な目頭に仕上げることもできます。元々一重は奥二重で目頭切開法をする人の中には、はっきりとした二重にする為に埋没法を一緒に行なう人もいます。

大掛かりな施術

メスを入れる二重整形の中でも半永久的に効果が持続すると言われているのが全切開法と呼ばれる整形施術です。この方法は医師と相談しながら二重幅を決め、そのラインに合わせて余分なまぶたの脂肪を除去します。特にまぶたが重い人は必然的に除去する脂肪量も多くなるでしょう。この施術が終わると、皮膚と腱膜を縫い合わせて施術が完了となります。埋没法とは違い、縫い合わせる時に使用した糸は抜糸をするので、術後1週間程経つと再度クリニックに言って抜糸施術をする必要があります。二重整形の中でも大掛かりな施術になるので、麻酔も全身麻酔と局部麻酔の2つから選ぶことができます。全身麻酔の場合であれば、眠りについた状態で治療を進めてくれるので、手術が怖いという人に向いているでしょう。全切開法はダウンタイムも発生しやすいと言われており、人によって1ヶ月程度のダウンタイムが必要になる場合もあります。しかし、ダウンタイムが終わるとパッチリとした華やかな目元が半永久的に持続するので、二重願望が強い人にとっては満足度が高い施術方法と言えます。

部分的に切開する

切る方法の二重整形の中でも、確実に二重にはしたいけれども全切開する勇気はない、長期間のダウンタイムをとれないという人に向いているのが部分切開法です。部分切開の場合、施術方法としては全切開法と似ていますが、メスを入れる部分が小さいのが特徴です。右と左で目の大きさが違うという人や、右が奥二重で左が二重という人にも向いている施術と言えるでしょう。切る施術の中でも比較的自然な印象にすることができるので、いかにも整形をしたという印象にならないのも1つの魅力です。

Copyright© 2015 二重のぱっちり目元をゲットしよう!魅惑のEYEにミラクルチェンジAll Rights Reserved.